機種別各裏技 ステージ攻略 (スペースハリアー攻略法)



著者: 634
自分も書いてみる(階位が5000位以内&ログイン状態であることが必要)
コンティニュー

ファミコン版


ゲームオーバー時に、下、下、上と入力する。

PCエンジン版

40万点のスコアを取るようにし、ハイスコアのベスト7に入るようにする。そして名前にCNTと入力すると、ボーナスステージからコンティニューできるようになる。

スーパー32X版

電源を入れてから、2PパッドのAとCを押しながらスタートすれば、その場からコンティニューが可能となるアーケードモードとなる。

セガサターン版

2P側にパッドを接続し、ゲームを起動させた後、2P側のAとCとスタートを押し続けながら、スタートを押し続ける。するとアーケードモードとなり、Lを押さないとクレジットが入らない。
この場合だと、やられた場所からコンティニューができるが、2回までしかできない。

サウンドテスト

ファミコン版

タイトル画面でコントローラーⅠを右、左、下、上の順に押すとサウンドテストとなる。
尚、ここで7、6、5、4、3、2、1の順に音楽を聴くと、ラウンドセレクトができる。

いろいろセレクト

ファミコン版


前記の技の後、7、4、3、7、4、8、1を選ぶと、難易度調整に、業務用のようなコントロール、人間か戦闘機かのどちらかのキャラクターを選択できる。

PCエンジン版

ハイスコアでベスト7に入ったら、MDと入力してENDにする。そして、タイトル画面でモードを選ぶと、いろいろな設定ができるようになる。

セガサターン版

モード選択画面でAとCを押しながらオプションを選択すると、オプション項目が二つ追加される。「SHADOW MODE」ではオブジェクトの処理を業務用に忠実にできる。「M.STICK ADJUST」ではミッションスティックで遊ぶ場合の設定ができる。

その他

PCエンジン版


4分割モード

電源を入れてタイトル画面が出たら、スイッチを切り、素早く電源を入れる。これを何回もやると4分割モードになり、4分割になるだけではなく、白黒画面で4分割モードになる時もある。

暗闇に一人だけ

ゲームがスタートしたらランを素早く2回連打すると、暗闇に一人ぽつんのハリアーになる。

曲が消える

ボーナスステージでポーズをかけてしばらく待ち、音楽が終わってからポーズを解除すると、ボーナスステージの音楽が消えている。

スーパー32X版

DIAGNOSTICモード

上記のアーケードモードにした後、タイトル画面で1PパッドもA、B、Cを押しながらスタートすると、DIAGNOSTICモードになり、コントローラーのチェックや、レベルやクレジットの数を見ることが出来る。

ステージ攻略

ステージ1 MOOT

最初のステージなので特に難しい個所は無いが、戦闘機のムカデンスの動きや、3つに分離して襲ってくる敵トモスへの対処法は覚えておきたい。ムカデンスは画面後方から出てくるのと、連なってくるパターン、そして右、中央、左に分かれて現れるパターンを見切れば良い。トモスは最初に狙う相手に目星を付けて破壊する順番を決めておく。

ボス SQUILA

最初のボスなのでそれほど難しくはない。スケイラ本体には当たり判定は無いが、弱点の頭部が狙いにくい。接近した時が撃ち込むチャンスなので、そこを狙う。なお、こういうドラゴンタイプのボスは、画面奥へ戻る際には攻撃してこない。

ステージ2 GEEZA

まだ序の口だが、岩顔のアイダが押し寄せてくる場所では撃ち負けると当たってしまう事がある。接近するスケッグには当たり判定があるので注意。また、やり過ごすと弾を撃ってくるので、常に動いていよう。火を吹いてくるアイダはよく見ればかわすのは難しくない。問題は画面最上部にいった場合、こちらの攻撃は当たらないので、その場合は下降し、火の玉の避けに専念する。後半の柱は上手く隙間を見つければ、柱を避けながらアイダの攻撃をかわすのも難しくはない。

ボス IDA

実は厄介なボス。吐く火球が時間差で来て、かわしたつもりが遅い火球に当たってしまう事がままある。そこで一気に中央の本体を倒せばいいのだが、そうなると、今度は周囲の岩顔面が火の球を吐きながら接近してくるし、当然当たり判定があるので、本体を倒したら、逃げる場所を見つけて避けに専念する。出来るだけ顔面から距離を採りたい。

ステージ3 AMAR

大小二つのキノコが出るが、大きく破壊不可能なキノコはともかく、下のキノコは結構当たり判定が大きいので、破壊するよりは無視した方が無難。途中から出てくるルーパーは高速で突っ込んで来るが、これも倒すよりは避けに専念した方が安全。途中からの敵キャナリーは斜め上方から中央に来て火を吹いてくるが、あまり気にする事は無い。それよりはムカデンスとルーパーに気を付ける。

ボス GODARNI

スケイラが二つ繋がったボスだが、動きは遅いし、炎の量が増えていて、耐久力が二倍になっている他にはこれといった攻略法は変わらないので、それほど強くは無い。

ステージ4 CEICIEL

万華鏡のような敵ビーンズビンは破壊不可能なので、避けなければならないが、基本的にビーンズビンは上、下の順に登場するので、それが2セット4回で来る事を覚えつつ、途中から現れるムカデンスを出来る限り迎撃するようにする。でないとムカデンスの攻撃と、柱、ビーンズビンの3つを一緒に避けなければならなくなるが、ムカデンスの弾を撃つパターンを覚えつつ、最小限の動きでかわす事を覚えないと、9と14での苦戦は避けられなくなる。

ボス DOM

ドムの中で一番弱い緑ドムの集団攻撃だが、ドムと同じ座標に合わせて横移動しながら撃って弾をかわす様にすれば特に問題は無いが、撃ち漏らしたドムの体当たりに気を付ける。

ステージ6 OLISIS

だんだん難しくなるが、ビックバイパーのような形のジェット2は出現元を狙って叩けば弾を撃つ前に倒す事が出来る。但し、無理はしない事。バルキリーのようなジェット1は更に対処が簡単で、普通に出現元に合わせて撃てば問題無い。但し、死ぬ間際に弾を撃ってくる事があるので、最後まで油断してはいけない。
最後の方で現れるパルコルメンは、下のドムよりも優先して倒す。パルコルメンは集団で弾を撃ってくるので、出来る限り倒して弾数を減らしておきたい。
最後の赤ドムは弾を連射して来るので、出現元を察知して攻撃に対処する事。円運動で一応の攻撃は避けられるが、柱とのセットを見極めなければならない。
赤ドムはすぐに出現場所を覚えておかないと、後半の苦戦は必至。

ボス ROOLYS

円運動だけで対処出来るボスで、そのまま円運動で弾をかわしつつ、撃っていればよい。但し、すぐに逃げ出すので深追いは禁物。

ステージ7 LUCASIA

最初のパルコルメンを倒したら、邪魔っ気なマンモスに気を付けながら黒ドムとムカデンスを破壊していく。最後の方は赤ドムが待っているが、そこにさえ気を付ければ、特に難しい場所は無い。

ボス TETORA

ローリーズと対応は同じ。すぐに逃げるのも同じなので、焦って狙い過ぎてミスしない事。

ステージ8 IDA

アイダとムカデンスのセット攻撃があるが、そうならないようにどれかを優先して破壊していく。そうすることで多少は楽になるが、安心するとタコミスしやすくなる。いきなり接近してくるトモスは通常より弾量が多いが、普通に対処すれば特に問題は無い。
アイダとムカデンスの同時攻撃に気を付ける。

ボス SYULA

基本的にステージ2のアイダと同じボスだが、周りの岩が接近してこない分、ある意味安全パイ。周りの岩を破壊するようにしていく。但し、アイダと違い、岩を全部破壊しないと本体も破壊出来ないし、本体はひっきりなしに火の玉を吐いてくるので、そこにだけは気を付ける。

ステージ9 REVI

難しいステージで、4よりもビーンズビンのスピードが上がり、2セット6回になったが、対処は4と同じ。ただ、柱とビーンズビンのスピードが上がっている事を常に頭に入れておく事。やはり合間を縫って襲うムカデンスに注意。

ボス ドム

最初の飛行青ドムを倒した後、円運動しながら連射してくる弾をかわす。
基本的に赤ドムと同じ対応で倒せるが、光っている間は無敵なので、点滅時間が解けた瞬間を狙うしかない。

ステージ10 MINIA

ジェット1とムカデンスに気を付ければ、後はルーパーの体当たりを用心していく。油断してると大キノコ柱に当たる事もあるので慎重に。

ボス TOMOS

ローリーズとテトラと同じ対応でOK。狙い過ぎない事。

ステージ11 DARMS

中盤の山場。とにかくドムの攻撃が激しく、後半の黒ドム3機と赤ドムの攻撃に、柱3本セットが一緒に襲ってくるので、柱を素早く発見しつつ、ドムの攻撃を避けるようにする。青ドムは飛行して襲ってくるのと、後方から現れて撃ってくるタイプ、そして地上移動しながら撃って逃げていくのと3タイプがいるが、体当たりしてくるのははじめから画面奥から飛んでくるタイプだけな事を覚えておけば、他の2タイプの青ドム対処の方がメインになってくる。青ドムは赤ドム程では無いが、常に動いていないと攻撃に当たる厄介な敵である事を頭に叩き込んでおく。

ボス SALUPEDON

ステージ3のゴダーニの骨バージョンだが、対処は殆ど同じ。ただ、ゴダーニよりも永久パターン防止が速まっている為か、炎のスピードが上がっている。

ステージ13 DRAIL

最初のジェット2とジェット1の後の赤ドムと青ドムのセット攻撃、そして後半の最初の赤ドムと、赤ドムダブルス以外に特に難しい場所は無い。

ボス OCTOPUS

ボスが現れたら接近してボスに重なる様に撃てば一気に減らせる。それまでの集団ボスと違い、やや直線に動いてかわした方が良い。

ステージ14 ASUTE

後半最初の山場。発光するビーンズビンと柱のスピードが半端じゃないので、一度やり過ごしたらすぐに上(もしくは下)に移動して逃げ場所を確保する。ここでもムカデンスが邪魔してくるし、ビーンズビンは2セット8回来るので、ムカデンスは倒し損ねたら、弾の軌道を予測して逃げ場所を見つけなければならないが難しい。
発光しないビーンズビンが出ればゴールは近いが、油断しない。

ボス BARBALIAN

対応はステージ8のシュラと同じ。

ステージ15 VISEL

最初の接近トモスを抜けたら、ムカデンス+赤ドムに対処するが、ムカデンスは狙いにくいので、赤ドムの方をムカデンスの攻撃に気を付けつつ赤ドムを狙う。その後の赤ドムと青ドム、アイダのセット攻撃、そしてアイダの後の赤ドム3連星攻撃に対処する。ドムを一機でも破壊できれば、柱を避ける難易度が大きく違ってくる。

ボス VALDA

スケイラの骨バージョンで、対応も同じ。ただ、サルペドンと同じく炎のスピードはやや上がっている。

ステージ16 NATURA

慎重に行けば、ステージ11ほど難しくはないが、それでもドムの攻撃パターンを覚えないとならない。特に赤ドム2セット攻撃が6回続くので、くれぐれも気を付けなければならない。
地上と飛行の青ドムと黒ドムはそれまでの方法で対処できるが、赤ドムの攻撃が止んだ後に来る攻撃なので、赤ドムがすぐに出てくるという気持ちでやらないと厳しい戦いになる。柱にも注意。

ボス STANRAY

最初にジェット2、そしてスタンレイ本体からの緑ドム、黒ドム、赤ドム、そして2度目のジェット2を撃ちながら円運動してかわす。後方飛行青ドムが出ればクリア間近だが、柱も混じった中での戦いなので、最後まで油断出来ない。

ステージ17 NARK

最初の連続柱に気を付けつつ、アイダを狙うが、上にはビーンズビンもいるのですぐに下の方で避けなければならない。その後にはムカデンスと赤ドムの攻撃に、飛行青ドムとアイダ、赤ドムにビーンズビンとのセットと最後の難所が連続している。柱は連続して連なってくるが、その動きを柱の無い方向を見ながら、これまでのテクニックを駆使して進むしかない。アイダが去った後、赤ドムが来るが、それが最後の障害で、これさえ抜ければウイウイジャンボと対決になる。

ボス WIWIJUMBO

基本的に円運動をしながら撃ちこんでいればボスは死ぬ。但し、動きを止めれば炎と飛んでくる障害物に当たって即死に繋がるので、最後まで動き続ける。
なお、残機余裕がある場合、右か左の下端に行って、そこで小さな円運動をしながらボスに当てないように連射していると、ボスが飛ばしてくる障害物を破壊でき、点数稼ぎが出来る。やがて、回避不能な程敵弾は速くなるが、そして死んだ後に再び同じ事をやり、残機1になったらボスを倒すとハイスコアを稼げる。

ステージ18 ABSYMBEL

登場するボスは、ゴダーニ→バーバリアン→スケイラ→アイダ→サルペドン→シュラ→バルダの順。
それを全部倒せばクリア。
[関連ページ]
  1. スペースハリアー評価&情報総合ページ
  2. 各種ゲーム攻略記事
  3. ゲームリスト(評価新着順)
  4. 作品リスト
  5. 作品DBトップ
↑上へ