[カイネル・ドゥ・ラファティの喜怒哀楽日記/書き物]

セーラームーンが再アニメ化!?


[携帯版(QRコード)] 総閲覧回数:1,100,736回 / 推薦評価:70個(内 論客40人) / ブログ拍手:5,166

パソコンメンテのため、
少しの間、ブログ活動をお休みさせていただきます〜。

アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報/
DB構築()
他己紹介
12/09/15
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
RSS購読
RSS
ブログ表示スタイル
リスト/携帯(QRコード)
画像/動画/リンク
表示開始年月
分類
全て
1.あいさつ若しくは雑談
2.ひぐらしのなく頃に(DS版以外)
3.社会問題、社会状勢等
4.児玉樹先生を応援
5.メモリーズオフシリーズを語ろう
6.無責任姦長「沢越止」とその血族
7.Keyは扉より強し
8.イースを語る
9.「音楽」は「音」を「楽」しむこと也
10.自分用の日記
11.作品(ゲーム等)を語る
12.ベストバウトを語る
13.論客さん等への回答コーナー
14.「恋愛はエゴ」な作品系
15.旅などの見聞録
16.声優さん語り
17.おお、えにくすよ!
18.DS版ひぐらしのなく頃に絆
19.眼鏡部
20.ホワイトアルバム
21.(ひぐらし以外)竜騎士07作品
22.萌え関連
23.ソーサリアンを語る
24.パパ聞き等、松智洋作品
25.旧KID系(メモオフ以外)
26.おねがいシリーズ、あの夏、あの花、琴浦さん
27.メモオフ聖地巡礼
28.ドラマ、映画等
29.ビバ、変態!
30.パパのいうことを聞きなさい!聖地巡礼
31.ニッカ、たまゆらの足跡
32.聖地巡礼いろいろ
33.備忘録(自分用)
<=新記事2012/07/16 ガンダムAGE、最終章『三世代編』開幕!
=>古記事2012/07/14 パパ聞き13話(後、BDに収録されていたキャラクターコメンタリー)を語る

1.
2012/07/15 作品(ゲーム等)を語る > セーラームーンが再アニメ化!?」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

あのセーラームーンが再びアニメ化されるという情報を得ました。
公式サイトはコチラのようです。
http://sailormoon.channel.or.jp/index_pc.html

この再アニメ化については自分・・・・
期待よりも不安が大・・・というのが偽らざる本音ですね。
どういう形でアニメ化されるのかが全く不明です故。

最初にアニメ化された当時、この作品は、
原作の進行と併用してオリジナルエピソード満載でした。
ぶっちゃけ、原作コミックよりも最高と思ったくらいです。
最強妖魔七人衆のエピソード然り。
劇場版セーラームーンRの感動に値するシーン然り。
・・・・もっとも、この作品の第1印象は、
なに自分で美少女とほざいているんだよ自惚れ屋がァ!
と悪いものでしたが、それも今となってはいい思い出です(笑)。

(ただ、当時のこのアニメ・・・・
恋愛描写について、公平性に欠けていたのがちょっと気がかりでしたね。
主人公のうさぎと衛にばかり焦点が当てられ、
他の四戦士については殆ど・・・・・・という点です。
比較的出番の多かった熊田雄一郎(レイが好き)はセーラースターズでは登場していないし、
個人的に気に入っている浦和良(亜美が好き)はR以降、出番なしという体たらく。
まことの幼馴染みの青年・篠崎は1話のみの登場で、それ以降は出番なし。
美奈子に至っては、(アランの失恋後)新しい恋・・・という描写は全くなし。)

そういえば、実写版セーラームーンも視聴しました。
髪の色の設定がリアリティを感じさせてくれました。
変身前の普通の女子バージョンは、
日本人らしく黒髪であるのに対し、
変身後は、コミックやアニメ同様にチェンジしている・・・
そういった設定には「考えたな」と感心させられたものです。
(リアリティといえば、もう一点ありましたね。
元基お兄さんです。カメ愛好家の彼の描写には、
リアリティを感じさせられたものです。)

それだけに、今度の新アニメはどう転ぶのか・・・
もしも原作コミックに忠実なだけ
内容なら、おそらく私は早々に視聴を打ち切るでせう。

私の不安が良い意味で裏切られることを願うばかりです。
それでは

コメントする(論客のみコメント可能記事)


[他の記事も読む]
<=新記事2012/07/16 ガンダムAGE、最終章『三世代編』開幕!
=>古記事2012/07/14 パパ聞き13話(後、BDに収録されていたキャラクターコメンタリー)を語る


大分類が「作品(ゲーム等)を語る」の記事
この論客の記事全て