[漫画]鋼鉄の華っ柱


こうてつのはなっぱしら / Koutetsu no Hanappashira
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • 格好良い
  • 楽しい
  • 勇気貰った
RSS
漫画総合点=平均点x評価数1,303位7,238作品中総合点8 / 偏差値50.70
漫画平均点776位1,248作品中平均点0.53=良い/15評価
2010年漫画総合点21位244作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.24(とても良い)17
ストーリー2.00(とても良い)17
画力1.29(良い)17
面白い94%16人/17人中
可笑しく笑える76%13人/17人中
格好良い53%9人/17人中
楽しい47%8人/17人中
勇気貰った41%7人/17人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

とりまく環境がガラリと変わって
自分を保ち続けるのは難しいよね。
でもね、中にはいるんだ。
強い人は。
著者:西森博之
出版社:小学館
日本 開始日:2010/09/29(水) 週刊少年サンデー 2010年44号 / 終了日:2012/09/12 2012年41号
17,3681615
最近の閲覧数
3183657786
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/09/05 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: 管理人さん / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/08/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1672 ホスト:1746 ブラウザ: 9629
【良い点】
・大金持ちからど貧乏になってもヘコ垂れない主人公
・何だかんだ言っても“仲間"を大事にする主人公
・また、底辺を知りながら前を向く物語の展開
・爺のキャラがブッ飛んでて面白い
・朝涼が可愛い、ルー子も可愛い

【悪い点】
・西森先生の作品にしては笑い所が少ない
・主人公の好感度が低い
・っていうか、作品全体の好感度が低い

【総合評価】
親父が社長の僕にとって、『父さんの会社が倒産』という展開は
他人事ではないですね! という訳で、興味深く読ませて頂きました

まず、ビックリしたのは、導入から大金を動かしていく物語に
なっていくのかなと思ったんですが、そこは少年マンガ、いきなり
主人公を地に叩き付けましたね(笑) 。それでも取り乱さず前を
向く主人公には、大物になれる器を感じました!

そして、彼が底辺の生活に直ぐに順応する姿にも感心させられました
直ぐゴキブ〇を素手で掴めるまでになるとは思いませんでしたが(笑)
そんな中で、クズを退治しながらのし上がっていくのは痛快でした!
ここら辺は、いつもの西森先生らしさが出てて良かったです

ですが、いつもと違う部分もあります。主人公は三橋の様な“俺様"な
キャラなんですが、その相方に伊藤君の様な人格者がいないのは
問題でした。 これのせいで好感度の低い作品になってたと思います

表向きは紳士なキャラにしようと考えてた為に、大丈夫と思ったんで
しょうが…。 マンガだと読者にキャラの内面が分かってしまいますし
性格の悪さが筒抜けなんでこれでは駄目だと思いました

主人公の大物ぶりには感心させられる所も大きかったですが、個人的に
笑い所がいつもより少ないと感じたり、残念と思う部分もありましたので
評価は“良い"とします。 キャラ自体は良いですが、ちぐはぐな作品でした

[推薦数:1] 2015/01/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 16904 ホスト:17019 ブラウザ: 10335
【良い点】
こんなに魅力的な主人公なかなかいませんよ笑 王道主人公じゃないところがいい。作者がわざとらしく脇役を動かしているわけではないのに、主人公の策に嵌り、巻き込まれて行く感じが凄くいい。読んでて笑える。

【悪い点】
これからってとこで終わる。もっと続いてほしかった!

【総合評価】
まぁ要するに、面白い!もっと続いて!!ってことです。

2014/12/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:742(53%) 普通:333(24%) 悪い:329(23%)] / プロバイダ: 504 ホスト:429 ブラウザ: 5991
学園モノを得意とする西森さんが今回はちょいと足を伸ばして社会を舞台にしていますが
世に蔓延するクズに制裁を下し、高飛車な上流階級へ鉄槌を下す。その基本図式は変わっていません

金持ちの金持ちたるゆえんは金があるからで、その温厚さも余裕から生まれるもの
、、、だったハズなのに真道の持つ精神性はお金がなくても失われませんでした
その真道の考える独自の理不尽紳士道が笑いを生み出すパターンから次第に本格的にストーリーが展開されますが
「たとえお金はなくとも仲間との、人との繋がりことが最大の財産だったぜ!」
はっきり言って古いんだけど西森さんらしいベテランの技量で見事にまとめてあり
いつもの西森節を存分に味わうことができました。評価は普通よりの【良い】とさせていただきます

2014/09/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 1740 ホスト:1840 ブラウザ: 5171
悩むかなり面白かったけど、敢えて西森作品では落として評価したい。前作お茶を濁すが完成形を見た感じがあった。

ただすごいなと思うのは、些細な所は似てるけど、軸となる部分のアイデアは全く似てない。これは本当にすごい。細部は似てるのに、大枠は全く似てない。例えばあだち充先生なら細部も題材も基本的に同じ。ベテランって大体そうなっていくから。逆に大枠が違うから細部も変わってしまうと思う。それが持ち味が生かせなくて潰れてしまうケースもアル。経験と新しさが絶妙な形でブレンドされてる。それが最高点だったと感じたのがお茶にごすだった。

決して悪い評価をしたいわけじゃなくて、もうこのまま突き進んで欲しいと思うから。過去の作品を常に越えるような作品を狙って欲しいよりも、新しいアイデアを生かすそれだけで良いのでは?と思えるから。西森先生には期待できないじゃなくて、過大な期待をしないから今のままどんどん作り続けて欲しいと思うから。本当に軸とナルアイデアの生かし方が抜群に上手い。あまりに質が高すぎてそれに慣れてしまってる部分がある。他の作品と比較するのではなくて、西森先生ならここまでやって当たり前になってしまってる。それがこの作品に驚きが薄い部分。ひどい評価だと思う。それぐらいこの人は期待を裏切らない。

さてその軸に触れよう。金持ちの少年がある日親の会社が倒産して貧乏になって転落するからスタートする。まずこの初期設定をどう生かすか?が絶妙に上手い。次に彼には金持ちの時の矜持があって、これを貧乏になっても全うする。このブレないポリシーみたいのがすかっとする。おちゃをにごすから優しい人とか一貫したテーマがあってそれを追求する姿を描いている。ノブリスオブリュージュをドンキホーテになりそうになるのをぎりぎりギャグとシリアスの境界線でダンディズムとして全うする。この主人公の痛快娯楽劇を楽しむ作品。

ただ評価を落としてしまったのはラスト。なんとなくだらっと終ってしまった。きちんと子供の頃から一緒に居る姉の様な人に告白する。これ自体はラストとしてふさわしいと思う。逆に言えばこれがあるからまだ納得できるけど、ラストがやっぱ弱い。どうしてもラストでぐいっと持ってきたお茶をにごすに比べて落ちてしまう。今日から俺はもそうだけど、どうやって終らすか?が弱い作者。でもそれを前作で上手いと思わせた魅力があった。あれだけ良いエンディングを見てしまうと、またいつもの西森先生に戻ってしまったかと…。まあこの人は終らない日常で閉めるのがあってると言えばあってる。

評価を落としたのはわざとの面がある。西森先生に過大な期待を持ちすぎてるから。これだけ見事なアイデアの生かし方を見ていると、長期連載よりも、10巻、長くても15巻ぐらいで終ったほうが持ち味が出ると思う。初期に割り振ったアイデアの生かし方がとにかく見事なので、こういうジャブみたいな作品を大作みたいに構えずにずっと出し続けて欲しいなと言う思いから。

2014/03/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 9911 ホスト:10122 ブラウザ: 5655
【良い点】この作品も大好きです。
人生哲学を考えさせる影響力のある作品だと思います。
お茶にごす同様、熱いものを作品の中に感じます。いろいろと難しい事を感じる方もいますが、単純に僕は好きです。

【悪い点】
これまでの作品は主人公が体力的に強い事が前提になっていますが、違った場合はどうなんだろうと感じます。今回の作品も弱かったらまた違った内容になります。きっと西森さんはまた違ったストーリーを考えると思いますが。

【総合評価】
人の感性は、スーパーマンのように強いものに憧れるのでしょうね。
漫画はマンガです。面白ければ良いと思います。僕はこの作品が大好きです。

2013/01/02 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1826(50%) 普通:915(25%) 悪い:913(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
主人公・道真のダークな頭脳とカッコやプライドのためなら
水面下であらゆる苦労を惜しまない、良い意味での「何とかと天才は紙一重」なキャラクター。

読者等身大(といっても、かなりハイスペック)の夏野やツッコミ役である朝涼も良い。

【悪い点】
元婚約者である蘭子が登場して以降の展開はシリアス度が高すぎてギャグとして面白みに欠ける。
また前半の展開とストーリー上の整合性を合わせようとして逆に
「ここまでの過去があるのなら序盤の夏野の道真に対する態度はおかしい」
「戦闘のプロと戦わせるため道真や夏野の戦闘能力をどんどんハイスペックにしている」
「過去編に登場する御前崎家や佳賀家の親は骨がありそうなのに失踪したまま」等
キャラクターに関してはかなり矛盾をきたしていました。

【総合評価】
ここ近年、10巻前後という読者に飽きられない尺の作品を提供してくれている西森氏ですが、
一方で終わり方に唐突感を感じる事も多く、常に挑戦&実験を模索していく作者と編集部の間に
齟齬も生じているのではないかと邪推もしてしまい本作もそれに該当しました。

滑り出しは過去作品で展開された学生社会=学校以上に理不尽がまかり通る世間に対して
ダークな主人公が悪魔の頭脳で立ち向かっていくというブラックユーモアが真骨頂の
西森氏の新境地という形なのですが中盤は従来の学生モノに戻し終盤は遠霧家という巨悪と対峙。
大あれ小あれ社会には常に理不尽さは有り、主人公がそれぞれに対処していく作品ともとれますが、
明確に「第○部」と設定されている訳ではなく各エピソードに登場したキャラが充分、生かされないのは残念。
特に後半は本誌で各話を読んでも面白いと感じられない人が多いと思われます。
単行本で通して読むと、それなりに見れるのですが今度は作品全体のチグハグ感が目立ってしまう。

私も評価にはかなり迷う作品です。まあ「良い」よりの「普通」で。

2012/12/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(56%) 普通:10(7%) 悪い:54(37%)] / プロバイダ: 44111 ホスト:43966 ブラウザ: 11698
【良い点】
安定した面白さ

主人公のプライドの高さ

頭脳戦の駆け引き

【悪い点】

少し地味に感じた。

【総合評価】

没落したお金持ちの主人公がどうやって成り上がり、紳士ぶりを貫いていくのかを描いた作品で
主人公が紳士を貫く姿はカッコよかったです。

ですが、画風が好みでないことと少し話が地味だったので可もなく不可もなくというとこですかね。

安定したストーリーはさすがですし、評価は良いにします。

2012/12/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:624(80%) 普通:106(14%) 悪い:48(6%)] / プロバイダ: 6708 ホスト:6718 ブラウザ: 9466
【良い点】
・シュールなギャグ

・主要人物がユニーク

・面白い駆け引き

【悪い点】
・何が書きたかったのか、少し疑問に思う内容

・過去作とはスタンスの違う作風
頭脳戦が多いため、ファンにはきついかも。

【総合評価】
ファンにはきついが、そうでない人には、可もなく不可もなくといった作品。

2012/11/23 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:39(85%) 普通:0(0%) 悪い:7(15%)] / プロバイダ: 130 ホスト:237 ブラウザ: 5141
ネタばれ含みます。

終盤の急ぎ足っぷりも含め、何だかんだ言われながらも
作者特有の雰囲気はちゃんと随所に出てた。
いつもどおり、笑って読ませてもらってた。
が。最終的な落とし所が…
「そこかよ」とちょっとがっかりした。
恋愛模様を組み込むのはいいのだが、決してメイン要素ではなかったはず。
この物語でみたかったのは真道の「成り上がり」っぷりだったのに
それが結局中途半端に終わってしまうとは。

もしかしたら、鋼の心をもつ真道の唯一ともいえる「弱さ」を見せたかったのかもしれないが、
にしても、そこに設けたページ数が足りないので盛り上がりに欠ける。
作者もこれでは不完全燃焼なんじゃなかろうか。

2012/11/09 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:59(57%) 普通:10(10%) 悪い:35(34%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29508 ブラウザ: 6651(携帯)
【良い点】

●シュールギャグ…○
「紳士」な主人公が逆境や理不尽に「紳士」として立ち向かうというコンセプトが良かったです。

●主要キャラクター…○
「紳士」である事第一の主人公・真実、格好悪くとも懸命になる脇役・夏野、真実への好意を押し隠していた朝涼
この三人は見ていて面白かったです。


【悪い点】

●絵…△
今と昔で求められるソレが違うからかもしれませんが、正直画力が低いです。
(特に各キャラが作中や本誌で「美女」「容姿端麗」と煽られるのはかなり寒い。)

●キャラ…××
主人公達と対峙するキャラが遠霧蘭子の父親を除き皆小者で個性はあまり感じられません。中には六郎・七郎の様に後から良キャラにしようとして失敗している者もあります。
こうした傾向をモブにすら適用する徹底ぶりでしたが、やり過ぎて単調となりつまらないものとなってしまいました。

●最終回…×
御曹司として復活する兆しが描かれるかと思いきや、真実・朝涼・蘭子の三角関係を強引に締めただけという打ち切りのような終わり。
雲隠れした両親など未回収の要素が多く、不自然でした。


【総合評価】

落魄れた大財閥の御曹司が、環境・周囲の妨害等多くの危機を「紳士」に乗り越えてゆくシュールギャグ漫画。
「ストーリーテリングとキャラクターの面白みで見せる作家」と称される西森先生らしい試みでしたが、主人公達と対峙するキャラにことごとく魅力がない(もしくは阿呆らしい)為つまらない内容になってしまいました。

【総合評価】は【悪い】とさせていただきます。
読んで頂き有り難うございました。

2012/09/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 6965 ホスト:6777 ブラウザ: 4783
【良い点】
サンデーの中ではこれも読める方。
引きがいい。
真道の解決策はおもしろい。

【悪い点】
西森作品にしては圧倒的に地味。
頭脳派が多く作者の持ち味とされる爆発力がない。
展開が遅い。

【総合評価】
ううむ、期待していたものと違いましたね。地味です。青年誌みたい。
本作は正直あまり面白くないけどもサンデーの中ではこれは面白い方ではあった。
蘭子編を引っ張りすぎた感じが否めない。もっと学校の方でめまぐるしい展開期待していた。

2012/09/18 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:264(74%) 普通:32(9%) 悪い:63(18%)] / プロバイダ: 16079 ホスト:15997 ブラウザ: 4783
【良い点】
・たまーにだが笑えるギャグが残ってる
・ヒロイン朝涼は活かしきれてないが想いを押し殺すという
設定など可愛さはあった
【悪い点】
・主人公真道が一体どういうキャラなのか掴みかねたままだった
夏野は名脇役にならずにただの脇役だったし、サラダボーイもショボい単純な
悪役止まり。キャラ個性は薄い
・婚約者の蘭子に魅力を感じなかったので彼女中心だけのクライマックス編が
どうもグダグダした気がする
・最終回いきなり唐突に物語が終わった。御曹司の復活物語かと思いきや
いきなり三角関係だけ終結させてそれで終了という非常に打ち切り臭が強く
感じる終わり方
【総合評価】
一体どういう物語をやりたかったのか最後まで分からなかった。
バランスが悪く纏まっている気がしないという点でも印象が悪いまま終了。
短く終わったが道士郎よりも巻数が多いという事実に驚くほど無駄すら感じさせる
し。西森作品じゃ唯一魅力をほぼ感じなかったので評価は「とても悪い」で

2012/01/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:225(78%) 普通:25(9%) 悪い:40(14%)] / プロバイダ: 43743 ホスト:43594 ブラウザ: 10806
【良い点】
キャラ達には相変わらずの西森イズムが感じられ、好感が持てる。各物語の根底に必ずかっこいい男とは?がテーマにありカッコ悪い所をからかいあいつつ、でもその中に葛藤や意地などがあり読者の共感を呼ぶといった組み立て方は健在。そこは安心して読める。

【悪い点】
物語の組み立てが難しいだろうなあと前途多難なイメージがぬぐえない。今までのキャラの魅力が大きかった作品達に比べてストーリー次第でかなりつまらなくなりそう。キャラに勢いが無いから。好みの問題だが西森先生の作品はあまり理屈っぽく無い方が私は好きです。
かといって単純な学園生活ではさすがにマンネリといわれそうだし、どうすればいいのやら。

【総合評価】
今後いい意味で裏切られることを期待して、評価は良い。

追記 終わっちゃいましたね。まあ、御曹司に復活はストーリー上あり得ないと思ってたからどういうエンディングか、また巨悪を倒して日常へ・・かと思ってましたが、まさか涼と・・いやあ、やっぱ彼のかく女性は抜群に可愛いです。すずの涙を見せてのセリフも西森先生らしい可愛らしさとのアンバランスが最高です。それだけに、それ以外のキャラが残念すぎましたね。とはいえ、ハッピーエンドの形としてはこれ以外ないとも思います。私は好きでしたよ。
[共感]
2013/01/09 確かに理屈、理論に走りすぎて残念なキャラが多かったでしょうか。マンネリ忌避の作者の姿勢は立派なのですが・・・。 by 十傑集

2011/09/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(33%) 普通:1(17%) 悪い:3(50%)] / プロバイダ: 23971 ホスト:24070 ブラウザ: 11289
大河の「サラダボーイ」がツボに入りました。
西森作品の中では一番好きな悪役かもしれない。
シャキシャキサラダボーイ。
この言葉は一生心の中に残ると思います。

2011/07/18 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(72%) 普通:8(17%) 悪い:5(11%)] / プロバイダ: 34751 ホスト:34779 ブラウザ: 11721
三巻まで読みましたが、純粋に笑える漫画ですね。
それでいて、薄っぺらさを感じるわけでもない。
薄っぺらさを感じないのは、変に内容を厚く見せようとしていないからかもしれませんが。

ジャンプ自体は最近は買ってないですが、これは面白い作品だと感じました

もっと読む

「2011年7月11日に編集します【良い点】キャラ絵柄【悪い点】話し【総合評価】最初の方は、貧乏人になった主...」 by なおおき


次のページを読む

この評価板に投稿する



2015/08/15 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 1672 ホスト:1746 ブラウザ: 9629 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/可愛い/怖い/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
画力普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 週刊少年サンデー(ジャンプ)41号感想…最終回多し。 by 伏魔の剣
... ゙コザはひとまず置いて、週刊誌感想といきますか!!! 今回連載終了作品はバルジ・AKB殺人事件・戦コレ・鋼鉄… 多ッッッ!! 残り長文感想は後ほど… ジャンプ簡易感想 ●伊達先輩(新連載) ノリと勢い重視なのでギャグは当たり外れがデカイです ...
記事日時:2012/09/18 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声