[アニメ]とある科学の超電磁砲<レールガン>


とあるかがくのれーるがん / To aru Kagaku no Railgun
  • 友情
  • 可愛い
  • 面白い
  • 格好良い
  • 感動
  • 楽しい
  • 熱血
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:とある科学の超電磁砲<レールガン> / 漫画:とある科学の超電磁砲
関連アニメ:とある魔術の禁書目録<インデックス>
アニメ総合点=平均点x評価数154位5,332作品中総合点148 / 偏差値70.07
アニメ平均点1,127位2,600作品中平均点0.92=良い/161評価
2009年アニメ総合点3位198作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.18(とても良い)61
音楽2.13(とても良い)61
キャラ・設定2.00(とても良い)61
声優・俳優1.98(とても良い)61
ストーリー1.34(良い)61
友情75%46人/61人中
可愛い59%36人/61人中
面白い59%36人/61人中
格好良い46%28人/61人中
感動44%27人/61人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

180万人を超える学生が集い、超能力開発を受ける「学園都市」。その日常の裏側には、学生たちによる治安維持組織「風紀委員(ジャッジメント)」の活躍があった。しかし、彼らの目が届かぬ暗がりもある。裏路地で平和を乱す不良学生たち。その彼らを一筋の閃光が襲う。そこには、学園都市最強の電撃姫、『超電磁砲(レールガン)』御坂美琴の姿があった……。
そんな日常の中のある日。美琴は、「風紀委員」である黒子の同僚で、彼女のファンだという少女――初春飾利と佐天涙子と会うことに。意気投合して放課後を楽しむ4人だったが、初春が目の前の銀行に異変を感じとり……。
[スタッフ]
原作:鎌池和馬冬川基
原作イラスト:灰村キヨタカ
監督:長井龍雪
日本 開始日:2009/10/03(土) 02:30-03:00 TOKYO MX TV 初回のみ1時間遅れ、翌週より1:30~ / 終了日:2010/03/20
[開始日詳細]
TOKYO MX10/2(金)26:30~(初回のみ1時間遅れ、翌週より25:30~)放送開始予定
テレ玉10/3(土)25:30~ 放送開始予定
チバテレビ10/3(土)25:35~ 放送開始予定
MBS10/3(土)26:28~(初回のみ30分遅れ、翌週より25:58~)放送開始予定
tvk10/3(土)26:30~ 放送開始予定
CBC10月より 放送開始予定
AT-X10/5(月)23:00~ 放送開始予定
中部日本放送10/7(水)25:29~
バンダイチャンネル10/9(金)12:00~
公式サイト
1. http://www.project-railgun.net/
オープニング動画 (2個)
only my railgun
歌:fripSide
詞:八木沼悟志 yuki-ka
作曲:八木沼悟志
編曲:八木沼悟志 [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
127,105176161
最近の閲覧数
13122612351421171611
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/05/09 / 最終変更者:ちゃ~ちゃん / その他更新者: アセチルサリチル酸 / S・N / みゆきちいいいいい / kunku / カジマさん / 提案者:管理人さん (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/06/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:273(36%) 普通:254(34%) 悪い:229(30%)] / プロバイダ: 12213 ホスト:12128 ブラウザ: 9933
【良い点】
導入から緩やかに伏線を貼りつつストーリーを進行していくのが非常に上手い
黒子のキャラ。声含め、その変態性といい、コメディ要素の大半を彩っているにも関わらず、キメる時はキメる。普通にかっこ良さが成り立ってしまった
木山春生のキャラ。敵に回ることへの正当性、その姿は悪役とは言えず第二の主役と思えるほどに
子供たちのためにすべてを注ぐ、その台詞その姿勢が超かっこ良い
佐天さんがいることでレベルアッパーに手を染める人たちにも共感しやすい

【悪い点】
春上さんがあまり好きになれない
シリアスなシーンを語尾が“じゃん"の人が台無しにする。でも良キャラ
婚后さんの魅力が引き出せていない

【総合評価】
オリジナルストーリーのおかげで木山先生に救いがあるのが嬉しい。最終話は感動した
前半ラストの特殊EDが凄く好きです
初春は独特な雰囲気を持つキャラ。頭の花?ナニソレ

2016/04/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6968 ホスト:6957 ブラウザ: 10153
なかなか、面白かったです。

このアニメを見ていると学園都市に行きたくなります。
超能力が欲しい。

悪いところはなく、作画もいいですし、何しろOPが神。。。
とあるシリーズの魔術と科学じゃ、私は科学派ですね

まだ見たことない人は、見てみることをオススメします

2015/11/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:18(60%) 普通:3(10%) 悪い:9(30%)] / プロバイダ: 1357 ホスト:1224 ブラウザ: 5171
日常パートでは笑わせてもらえるし、
女の子キャラが可愛いのがモチベーション。
百合っぽいところも男の子のハートをつかみます。

1クール目の後半のストーリーはすごく面白かったし、
レベル0のキャラをオリジナルキャラとして据えて、
そのキャラの心に迫るストーリーは制作スタッフの力量がうかがえました。

2015/11/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(76%) 普通:3(12%) 悪い:3(12%)] / プロバイダ: 34467 ホスト:34573 ブラウザ: 7872
【総合評価】
ライトノベルシリーズ『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品(アニメ版)。

<ストーリーについて>
総人口230万人の実に8割を学生が占める「学園都市」で学生全員は「無能力者(レベル0)=(スキルアウト)」から「超能力者(レベル5)」『絶対能力者(レベル6)は理論上可能だが、今現在存在しない』の6段階に分けられ、様々な能力を開花している。その中でも学園都市で7人しかいない“レベル5"の一人であり、電撃を操るその能力から「超電磁砲(レールガン)」の通称を持つ御坂美琴を主人公とする話。。。

OPが何よりもいい。最高評価です。アニソンの中でもトップクラスのOPであることは間違いない。
また、OP4曲全ていつ聞いても聞けるほどです。

①これから始めてみる人へ
話の内容は難しくないですし、退屈せず見やすいと思います。
作画はかなり綺麗です。迫力もサウンドも抜群です。
近未来、超能力、魔術、化学、ラブコメ?、ロリキャラ、美少女と全てがバランスよく揃った作品で、見た後は、できるだけ感想を言って欲しいです。


②『とある魔術の禁書目録』と『とある科学の超電磁砲』の比較。。。

『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品といわれますが、むしろどっちが本作かわからないほどです。
といっても、『とある魔術の禁書目録』を私は先に見ていたので・・・
う~ん、なんだろ、確かに『とある魔術の禁書目録』は悪くは無いんですが、やっぱり『とある科学の超電磁砲(レールガン)』を1期・2期、2度も見たら話の内容は後者の方が圧倒的に良いです。

『とある魔術の禁書目録』は、学園都市の話もあるんですが主に教会関連で上条当麻(レベル0)が、とにかく頑張ります。
一方、『とある科学の超電磁砲(レールガン)』は御坂美琴を主人公とし、白井黒子・初春飾利・佐天涙子・風紀委員(ジャッジメント)・常盤台中学の人たちなど優しく頼りになる友人たちを交え学園に潜む色々な闇と戦います。また、日常的な話や事件の話が多々有り、飽きることが無いです。


③キャラクターについて
御坂美琴は、とにかく良いキャラクターです。
1期では、自分がレベル5だからといってそれを嫉み苦しむ人や、何としても助けたいと思う人たちをどうにかする。一方2期では悩んだり、困ったりしても、周りに迷惑を掛けたくなく、何事も自分だけで解決しようとするが、結局、周りの友達に助けてもらうという・・・
という・・・ん~・・・
とにかく最高のポジションにいるんじゃないかと思います。(すいません感想を述べている著者は、国語力が欠けています)

周りのキャラクターは個性があふれており、その人その人の主観というものが多々あります。
白井黒子は、面白いキャラクターですね。主人公に付き纏うが、いつでも美琴のパートナーで見方であり続ける存在。
初春飾利・佐天涙子は、学校は違うものの2人の仲の良い友達で、レベル1,0のわりにはレベルアッパー事件以降はそれを受け止め、悩んでいる人たちを明るくするキャラクターですね。
そしてこの4人を纏める軸となっているところが風紀委員です。

忘れてましたが、もう一方の主人公・・・上条当麻のことですけど、主に2期で活躍したキャラクターです。
美琴のヒーロー的存在というのが正しいかな、やっぱし恋人的存在かな!?
『とある魔術の禁書目録』にもあります。主に“シスターズ編"でのカッコイイ存在です。
美琴とは話が始まる1ヶ月前から知り合っており、不良に絡まれていた美琴を助けようとしたが、逆に美琴を怒らしてしまい電撃で攻撃されるが、その際に能力を打ち消されたことからレベル5のプライドを傷つけられたとして目の敵にされていた。。。
本人曰く「不幸」らしい
しかし、その後「絶対能力進化実験」の阻止に協力し美琴の悩みや苦しみを解放した。


④世界観(私との対比も含む)
私にとっては、あこがれの世界です。超能力が欲しくなりました。

私も高校時代は学園都市みたいな!?半径1キロ以内に高校が10校ほどある地域にいました。
半径2キロ以内にすると小学校~大学まで合わせて少なくとも50校以上ありましたね。
私の高校は全校生徒3000人近くいましたが、北側5メートルも離れていない隣の高校も全校生徒3000人程度、南側5メートルも離れていない中学に全校生徒500人程度www
もう既にわかる人は分かるかも知れませんが、大阪市のあの地区です。。。
土曜日店に入ればどこもかも生徒で埋め尽くされる状態、その仲でも、賢い高校やお嬢様学校には、何度劣等感に見舞われたか。。。繁華街はジャッジメントでは無く生活指導軍団の取り締まり。。。
なんとか、隠れながらゲーセンに入れば、私服になった教師が遊んでいたwww(カラオケにもいた気がする)
うん、超能力が欲しかった。。。

私事は置いといて、
とにかく、あの世界観はあこがれます。一方あのころに戻りたいという気持ちも沸いてきますよ。


⑤シーンについて
可哀想なシーンや勇気出るシーンや明るいシーンが多いですね。どれも交互に来てるかな!?
1期2期ともに中盤が神回でその後の処理を後半でしてしまうという形式
中盤は凄いです。(すいません感想を述べている著者は、表現力が欠けています)
見てもらえばわかります。。。

以上より、私は評価を“最高"とさせていただきます。
みなさんに是非お勧めしたい作品です。。。
以上!・?

私が1回目見たのは2年前で2回目見たのは3日前です。。。
以上!!

2015/10/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(70%) 普通:0(0%) 悪い:3(30%)] / プロバイダ: 11087 ホスト:10858 ブラウザ: 9926
【良い点】
主人公が可愛いすぎ!今まで見たアニメの中でも特に可愛い!
強気だけど打たれ弱くてツンデレで、子供っぽい趣味があるって感じで、なんかキュンとくる。周りの女の子も魅力的。

まあそれだけじゃなくて、戦闘シーンなんかも結構格好よくていい。

【悪い点】
ストーリー展開が遅い上にむちゃくちゃ面白いわけじゃない。

【総合評価】
ストーリーは凡だけど、作画とキャラがすごくよくて総合的には満足かな。

2015/09/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(65%) 普通:1(5%) 悪い:6(30%)] / プロバイダ: 6419 ホスト:6465 ブラウザ: 11449
キャラがかわいいし、無能力者の子の心の表現は良かったと思う。
オリジナルなのに内容良かったです。
監督さん流石です。

2015/09/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:694(61%) 普通:235(21%) 悪い:204(18%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
禁書目録のスピンオフ作品なんだけど自分はこっちのほうが好きですーっ。

内容はこっちも能力を使ったバトル+日常って感じの内容ですが
メインキャラ総とっかえな感じなので結構違います。

正直禁書のほうは苦手なキャラが多いんだけどこの作品のキャラはいいキャラが多かったですね。
まず美琴は活発で明るく頼りになるかっこいいお姉さまで、それでいて中学生らしい危なっかしさと可愛らしさを
持ってて主人公にぴったりのキャラだと思います。
黒子はネタでも戦闘でも輝くキャラですし、佐天さんなんかは終盤は主人公並に活躍してた気がします。

話の内容としては2クール目のほうが好きですね。
1クール目以上にいろんなキャラが目立てるようになったので。
特に終盤戦が好きですね。黄泉川に「限界を超えてこそ意味があるんじゃないんですか!」と言い返すシーンとか
普通の日常回だと思ってた講習回がいい伏線になってたり
いままでちょくちょく登場していた婚后さんが美琴のピンチを救っただけでなく
最終回でついに能力お披露目で黒子とともに敵と戦うとか
それまでの総まとめの怒涛の展開って感じがよかったです。

1クール目ラストはほぼ美琴オンリーな戦いだったけど2クール目ラストは
全員が活躍して敵に勝つってのが熱くていいですよね!

ついでに言うなら音楽もいいですね。
一番好きなのは2つ目のed曲の「Real Force」ですがOP組は戦闘シーンにもよくマッチしてました。

中学生の頃のリアルタイムぶりにひさしぶりに見ましたが今見ても結構楽しめました!
評価は「とても良い」でっ!

2015/08/31 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3935 ホスト:3852 ブラウザ: 4721
【良い点】
・OP
どっちのOPも好きすぎる!

・キャラ
出てくるキャラがそこまでいないので、ゴチャゴチャせずに見れて見やすかったです。
それにそれぞれのキャラに個性があって面白い。
レベル0の話などもあって面白かったです。
黒子なんかも最高でしたね。
彼女がいなかったらギャグシーンは物足りなかったでしょう。

・当麻の出番が少ない
正直当麻は嫌いなんですよね。
主人公補正&ラッキースケベの繰り返しがうんざりします。
ですがレールガンにはほとんど出てくることなく、出てきてもチョイ役なのでストレスが溜まらない!

・作画が安定
崩壊した記憶がないですね。

【悪い点】
特に無かったんですけど、強いて言えばストーリーの本筋が良く分からず、能力者の無能力者の日常なのか、能力の悪用を止める話なのかイマイチ掴めなかったところですかね。

【総合評価】
御坂の本気が見れる回、アツいです。
ほんとアツかったです。
「only my railgun」も流れて更に良い。
ここから話が動き出すので良い感じでしたね。
レベル5なのにレベル0やレベル1の佐天と初春とも仲良くする御坂なども良い友人関係でしたね。
正直インデックスより好きです。
評価は「とても良い」で。

2015/08/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:342(58%) 普通:76(13%) 悪い:172(29%)] / プロバイダ: 31207 ホスト:31151 ブラウザ: 5779
とある魔術の禁書目録(インデックス)の番外編ですが、確実に本編を喰ってます。
学園都市を舞台に基本的に御坂美琴、白井黒子、佐天涙子、初春飾利の4人に焦点を当てて物語が進んでいきます。
禁書目録のほうはあくまで上条さん無双な話で能力や学園都市についてはそこまで語られて無く(少なくともアニメでは)勿体ないな~って思ってたんですが、この超電磁砲(レールガン)のほうは学園都市と能力に大きく焦点が当てられており、レベル5の御坂と無能力者の佐天を対比させて能力格差による葛藤や問題もキチンと描いてます。
上条さんみたいに説教臭くなく、きちんと無能力者の言い分というか思いとそれによる美琴の気持ちもきちんと描いているのが良かった。レベルアッパー事件での御坂美琴のセリフ「もう一度頑張ってみよ。こんなところでくよくよしてないで」もその分説得力も増してた気がする。
アニメオリジナルエピソードもそれなりに良かったかな。
こういったシリアスなエピソードと混ぜる形でコメディ的なお話もたくさんあり、そこでキャラクターのの魅力がガッツリ表現されてます。日常パートでしょうか、こういうのは好きです。
上条さんが登場するのもそんなコメディパートばかりだけどちょうど良くハマってる。

禁書目録はスケールが大きすぎてまず学園都市の設定が消化しきれてなかった気がしますが、
この番外編超電磁砲ではそこを上手く生かして なおかつキャラクターに彩りを与えて物語としてもある程度伝わるものが多くなっていたな~と思います。単純な面白さはこちらのほうが上だと感じました。

2015/05/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:71(59%) 普通:23(19%) 悪い:26(22%)] / プロバイダ: 14549 ホスト:14558 ブラウザ: 5710
とある魔術の禁書目録、のスピンオフで科学サイドの御坂美琴を主人公とした物語。

従って、魔術サイドで出てくるのはインデックスくらいだがセリフなし。上条当麻ですら僅かにでてくるだけ。基本は別物と思ってよい。従って、こちらだけ見ても一応筋は追える。

宗教や魔術に関する、ライトノベル程度の知識でもないと1回では理解しにくい「禁書目録」に比べると、こちらは設定がやや単純化されているのと、アクション重視なのもあってかわかりやすい。
「禁書目録」では強気と脆さといった力に関する描写の多かった美琴の、普段の顔をも描写しているので、そちらを主に楽しむ、といった見方もできる。

本作で巧いと思わせるのは、これだけの能力を持っている主人公を作ると、普通は力のインフレ現象を起こして、学園都市3位のはずがそれ以上の能力を持つ者が次々出てくるという展開になりやすいのだが、攻略する敵側にもそれなりに策を弄した描写があり(というより異なった能力なので、すぐには対処できないことが多いのだが)、更に美琴の能力も決してパワーに頼ったものだけではなく、その能力と電気に関する幅広い知識を応用して対抗する引き出しの多さを見せているので、必ずしもパワー対決にならないこと。このあたり「禁書目録」でも記したのだが、原作者がそれだけの知識量を持っているからこそ作ることのできる設定と展開であることの証左に他ならない。「トンデモ科学」との烙印を押されることもあるようだが、理論の方向性が間違っていないものなら、大目にみるべきものだろう。そうしないとSFなど成立しなくなってしまう。

展開もスピード感あるもので、最後に美琴たちが勝つのがわかっている展開でも、その途中経過は大いに楽しめるエンターテイメント型作品といえる。

不満があるとすれば2つで、ひとつはネーミングにやや安易な部分が見られること。主要メンバーで「白井黒子」「初春飾利」はどうかと思う。また、小説内であまりに登場人物が多く、その区別をわかりやすくするために、各キャラクターに独特の語尾、口調をつけることが多い。文章表現のテクニックと言えそうだが、それが映像化されて声に出されると、少々不快に思うときもある。これは視聴者によって感じ方が違うし、原作がそうなっているので改変できなかったのだろうが、個人的にはひっかかる。

2015/05/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(65%) 普通:0(0%) 悪い:12(35%)] / プロバイダ: 38205 ホスト:38194 ブラウザ: 10071
日常と非日常を上手く使い分けた良作。
4人の仲良しグループののほほんとした日常は見ていて楽しいですし、それぞれが個性的でまた、特別な思いであったり考え方を上手く見せれていたのが良かったです。
やや、シリアスな話が多いですが、話の内容が些細なことから非常に大きなことまで用意されていてメリハリがありました。バトルは見応えが少し物足りない感じは否めないですがそこはあまり重要ではないので、全体的には良かったです。
レベルを題材とした話は感慨深いものものがあり今の社会に通じるものがあるだろうと思えました。
禁書とは切り離してオリジナルに特化したのは良かったと思います。

2015/03/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(38%) 普通:3(38%) 悪い:2(25%)] / プロバイダ: 10462 ホスト:10446 ブラウザ: 7870
【総合評価】
タイトルの知名度も高く、人気と聞いていたが、バトルものと思い込み敬遠。(別にバトルもの嫌いじゃないけど)いざ見てみると、それなりに日常系要素も多く、コメディがあってなんか得した気分に。見てよかったと2~3話の時点で実感した。大きな事件は1クールに1つとわかりやすい展開でありながら、2クール目の事件は1クール目の事件も関連していて、ストーリー構成はシンプルながら良くできていると思った。OPは2つとも神曲。EDはもう少しといったところか。
コメディの観点からは、白井黒子のキャラクターがずば抜けて面白い。懲りずに美琴に変態丸出しのアプローチをし続ける時もあれば、友人や犯人との会話の中で思わず笑ってしまう言葉を発してしまう場面もある。個人的に黒子の声優さん新井里美さんのお声を聞いたのが「生徒会役員共」でだったので、下ネタ変態発言がはまり役でたまらなく面白かった。もう1人、黄泉川さんにも触れておきたい。「~じゃん」。12話でなんか変な話し方するやついるなぁと思った矢先、14話、17話で「じゃん」乱発。特に難しいことはしていないのに、ここまで笑わせてくれるキャラクターがいることに改めてこのアニメのセンスの良さに感服した。他にも初春ちゃんが可愛いとか、佐天さんが(良い意味で)バカだったり、キャラクターの個性は光っていた。それは、美琴がいつもスカートの下に短パンを履くというのは、激しい戦闘でパンチラなどがなく、美琴をお色気ポジションにせず戦闘に集中させるためなのではないか。という私の推測からもうかがえる。(ちょっと違うか)
先述の1クールに1つある大きな事件であるが、2つとも若干ストーリーが似通っている気がした。シンプルに作られている分キャラの感情の爆発なども多くはなく、最終的になかなかいいという印象までだったように思える。それでもオススメできるレベルには十分達している。

100点満点で83点と評価する。

2015/03/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1427 ホスト:1312 ブラウザ: 9629
【良い点】
OPが最高によかった!
作画がよく画面が明るい
女性キャラが可愛い、特に美琴がよかった
黒子の変態ぶり

【悪い点】
黒子の声はさすがにオバはんすぎる

【総合評価】
良い感じにB級作品だったと思います。女の子達の絡み合いは見てて癒されました

内容は正直微妙…インデックスの時から面白いとは思ってなかったので
女の子達メインのストーリーでなかったら見てませんでしたね…

2014/08/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:55(93%) 普通:0(0%) 悪い:4(7%)] / プロバイダ: 3920 ホスト:3921 ブラウザ: 10298
【良い点】
・アニソンの中でもトップ10に入るほどのop曲

・本編である「とある魔術の禁書目録」を観ていなくても十分楽しめる

・本編を知ってたら本編に関係あるキャラが時々出てくる(当麻、インデックス、姫神など)

・ギャグやほのぼのシーンだけでなく、シリアスな所はかっこよく作られている

【悪い点】
・あえて言うなら美琴強すぎじゃないかな?もう少しライバルが欲しかった。

【総合評価】
外伝にしては凄い楽しくみさせてもらいました。4人が仲良く、日常的な会話が面白かったです。

2014/08/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:206(64%) 普通:88(27%) 悪い:27(8%)] / プロバイダ: 2202 ホスト:2306 ブラウザ: 5171
【良い点】
OPがすばらしい。
4人がすばらしい。
熱血王道物でありながら萌作品というバランスがすばらしい。

【悪い点】
後半のオリジナルで4人がメーンでない話が多い。
最後は禁書の世界観とかけ離れていた気がした。

【総合評価】
ドはまりし、原作の漫画を買い揃えた。
アニメの出来としては、禁書よりも本作の方が上だと思う。
というのも、作品の中で1クール内で一つの物語を完結させた後、2クール目でさらに全体の締めという構成で、禁書では小説の巻ごとにぶつ切りだった展開が本作ではちゃんとクライマックスにつながるよう出来ていた。

また能力者美琴と佐天との対比。誰もが期待されて進学し、結果を出せず、それでいて能力が求めるが故に間違ってしまう自分といった構図に、自分を重ね合わせてしまうところも多々ある。特に眠りについてしまう前の佐天さんと初春との会話は涙なくしてみれない。
一方で、黒子のギャグキャラだけでなく、王道主人公の美琴が上条当麻の前ではツンデレというギャップ、黒子と寮監の関係といったお話に華を添える要素も多々あり、時には笑い、時には涙を流し、そして手に汗握って応援したくなる熱い闘いと、見ごたえがある要素がふんだんと盛り込まれている。

感動という面も含めてなら超電磁砲は最高の作品だと思う。

もっと読む

「本作品は、男主人公の上条がメインの「禁書目録」と違い、女主人公の美琴がメインとなり、シナリオが展開し...」 by 遊戯


次のページを読む

この評価板に投稿する


2013/03/07 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 22667 ホスト:22835 ブラウザ: 4894
はるうえlove

もっと読む

「こんにちは!はじめまして!...」 by ラグナス


次のページを読む
2015/11/28 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 34467 ホスト:34573 ブラウザ: 7872 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/友情/ロマンチックな気分/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/美しい/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 電撃アニメ第2期速報!・・・まったく、電磁は最高だぜ! by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 作品に関するさまざまなトークや、アニメ第2期発表も行われた。(以下略) 再び「まったく、小学生は最高だぜ!」ネタが盛り上がる刻が訪れた・・・というわけですね(笑)。 とある科学電磁 ソースURL http://news.dengeki.com/elem/000/000/545/545771/ TVアニメ『とある科学電磁(レールガン)』第 ...
記事日時:2012/10/21 [表示省略記事有(読む)]
2. 無題 by soka
... 馴れ馴れしく接する傾向があり、上条はおろか一方通行にまで食料をたかる。 自身意思では魔術を発動できないが、「自動書記(ヨハネペン)」干渉を受けることで無機質な人格となり、どの相手にも、弱点に見合った術式で迎撃する、とても性質悪い敵と化す。 ・御坂美琴(みさか みこと) とある科学電磁(レールガン)主人公に ...
記事日時:2010/09/09 [表示省略記事有(読む)]
3. とある科学電磁」 第1話 by HARIKYU
... 科学電磁」 第1話 ☆ 半年前まで放映していた「とある魔術禁書目録」で人気あった、「御坂美琴」を主人公に仕立てた派生作品ようだが、ストーリーは直接「禁書目録」には関係ない模様。 「禁書目録」では男主人公「上条当麻」と敵役説教合戦というか、くどい言い回しが耳について、頭を抱えた。 脚本家 ...
記事日時:2009/10/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:とある科学の超電磁砲<レールガン> / 漫画:とある科学の超電磁砲
関連アニメ:とある魔術の禁書目録<インデックス>
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声