[アニメ].hack//SIGN (ドットハック・サイン)


どっとはっくさいん / .hack//SIGN
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数242位5,327作品中総合点114 / 偏差値64.79
アニメ平均点725位2,596作品中平均点1.25=良い/91評価
2002年アニメ総合点17位157作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.67(良い)3
声優・俳優0.67(良い)3
キャラ・設定0.33(普通)3
音楽0.33(普通)3
ストーリー0.00(普通)3
勇気貰った33%1人/3人中
美しい33%1人/3人中
ロマンチックな気分33%1人/3人中
怖い33%1人/3人中
友情33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

物語は『The World』という名のオンラインゲームの仮想現実世界内で繰り広げられる。原因不明のトラブルによってゲームの世界からログアウト(退出)出来なくなった司は、正規には存在しないはずの外見を持つ猫型PC(マハ)との関係、そして謎のモンスター・ガーディアンとの関連を疑われ、プレイヤー有志によって構成される自治団「紅衣の騎士団」より『The World』を崩壊させる危険人物として見なされ、追われることとなる。
司はゲーム内で出会った仲間であるミミルやベア達と協力しながらログアウトの方法、そして『The World』に隠された謎について探索し、その過程で様々な事件に遭遇する。
司の本名は荘司杏、生年は不明の女性。幼い頃に母親を亡くし父子家庭で育てられたが、無愛想な態度を取っていたためか父親からは愛情の欠片もなく、長年にわたって虐待を受けていた。杏にとって現実世界は「クソみたいな世界」でしかなく、現実逃避先として『The World』を始め、現実世界の女性「杏」を否定する妄想からか男性PC「司」を演じるようになる。
暫らくは通常のPC同様にプレイしていたが、『The World』の管理プログラムモルガナによって意識のみ『The World』内に取り込まれてしまう。当初は全てを抱え込み自分の殻に閉じこもっていたが、昴やミミルとの交流を経て心を開き、モルガナの呪縛を解き放って現実世界に帰還している。一方、一連の事件解決まで現実世界の肉体は、昏睡状態となっていた。一時、父親によって生命維持装置を止められたものの、大事には至らなかったようである。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
放映局:テレビ東京 テレビ大阪

-スタッフ-
原作:Project.hack(角川書店/月刊コンプティーク) 監督:真下耕一 シリーズ構成:伊藤和典
日本 開始日:2002/04/05(金) / 終了日:2002/09/26
オープニング動画 (1個)
ObsessionObsession
歌:See-Saw [ファン登録]
[もっと見る]
75,02012091
最近の閲覧数
131166744768
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/06/16 / 最終変更者:E・カリング / その他更新者: kunku / 管理人さん / カジマさん / OP屋さん / TCC / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/01/17 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 4832 ホスト:4787 ブラウザ: 5171
【良い点】
○挿入歌が素晴らしい。
梶浦由記さんの曲に何度癒されたかわからない。
○主人公のキャラ設定(ゲーム内では♂、リアルは♀という女版シンジ)や
他の仲間がリアルとゲーム内で葛藤する様子に共感できた。

【悪い点】
○展開が遅い。Rootsよりはマシな程度。
○話が尻切れトンボ。メディアミックスとは言え
毎週深夜に観てくれたファンに対してこういうのはいかがなものか。

【総合評価】
オマケにサービスして普通。
当時は珍しかった世界観設定と挿入歌と救われて人気が出ただけ。
アニメ×ゲームで展開する作品は他にもあるが
ちゃんと完結させてるか、別ルートのオリジナルエンディングとして作っている。
今なら詐欺まがい。

2010/05/19 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:274(39%) 普通:187(27%) 悪い:242(34%)] / プロバイダ: 10557 ホスト:10564 ブラウザ: 7336
オンゲーの世界感を知るには良い作品。
ただ、それでいて変な所がリアルじゃないのが少し違和感ありました。
物語として進行するためにはしょうがなかったのだと思いますが、どうせなら本当のオンゲーらしい雰囲気にして良かったのでは無いかと思います。
(発言のマナーなど)
多分、普通にオンゲーやっていたらこのアニメに出てくるプレイヤーのほとんどはブラックリストにしちゃいます。
他の方もおっしゃっていますが、昴とその取り巻きとか普通に痛い子ですね。

2ch、したらばなどの掲示板でもゲームのキャラのまま話すとかありえない・・・。
当時オンゲーをやっていた最中でしたので、違和感だらけで集中出来なかった覚えがあります。

2010/05/18 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 18173 ホスト:18197 ブラウザ: 13428
色々と悪い点が目に付いたが、1番クソだと思った点だけ書きます。

ラストで、アウラが覚醒し、司がログアウトできるようになります。
そして、「ラスボスに一矢報いてやったぜwwwwwwww」
と言って終わります。

その後(アニメ終了後)は、ゲームから離れアウラのことは放置。
アウラはラスボスの手から逃れるために必死で逃げ続けます。
最終的にゲーム版の主人公カイトと出会い助かることになりますが、それはあくまで結果的にそうなっただけのこと。
司が助かったならそれでいいや。アウラ?ラスボス?そんなもん知ったこっちゃねーよww

こんなクズ共が主人公の作品を見させられていたのかと思うと、腹が立って仕方がありません。

そもそもゲーム版は司達がアウラと共にラスボス倒すために戦っていくゲームで良かったのでは?
他の評価者のコメントに「メディアミックスを悪い意味で履き違えた代表例」とありますが、まさしくその通り。

2010/04/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 14807 ホスト:14996 ブラウザ: 3874
【良い点】
OP
声優
アニメでやっている.hackシリーズの中でも一番面白い
キャラクターが殆どいいやつら
アウラとキーオブザトワイライトの謎
全作品に出てくる銀漢(アニメ)
【悪い点】
人を選ぶ作品
ある程度.hackを知っていないと退屈で困る

【総合評価】

まずこの作品は昴に一途な銀漢のラブコメアニメです。
ずっと昴に仕えてきた銀漢。そこにチート的PCの司が現れ昴が司に興味を抱く。
それで銀漢は司に嫉妬。ほかにも恋敵であるクリムや他の人々が出てきます。
はたして銀漢は無事に昴と付き合えるのか、全てを見れば分かります

というのは冗談にしておいて、とても面白い作品です。キャラ、世界観などとても良いのでみてみるといいですよ

2010/03/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3263 ホスト:3060 ブラウザ: 5718
ゲームとアニメ、小説などマルチなジャンルで物語が展開しているので、全てを知っていないと真実が見えないというのがちょっと痛いですね。
私が見たのはこのアニメ版のみですね(ゲームなどほかはやっていません)位置づけは全てのジャンルの中では一番最初の物語にあたり「ザ・ワールド」というバーチャルオンラインゲームをプレイした人達が突然謎の病に倒れるという物語ですが、主人公の司は現実の世界では女の子、でも父親の非常な虐待に耐え切れず世の中を憎んでゲームの世界に、そこで謎の存在に現実に戻せなくされてしまいますが、小さな女の子「アウラ」と出会うことに(しかし後にこのアウラがらみで大変な目に)、その後「ミミル」「ベア」「BT」そして絆を強くする仲間「昴」(この子は現実では足が不自由な女の子です)とかかわっていくことで自分自身の考えや思いにゆがみがあることに気づいていきます、しかし司を見ている謎の存在は司に勝手なコトをさせようとはしません、昴にアウラをあわせようとした司は危ういところで廃人にさせられそうになったことも、しかし自分の意思を強く持ったため仲間たちに助けられます、ここで気になったのは曽良という人物、始めはかなり残酷なやつなのかと思ったら何と現実では子供だったらしく謎の存在に逆らってモンスターに変えられてしまいます、何とそのまま物語が終わってしまったので彼がどうなってしまったのかが未だに分からないのがモヤモヤしますね。クリムというキャラも個人的に好きでした、男気があるという感じでいつも昴を励ましたり、BTにも優しかったり。現実でもこういうタイプはもてるんですよね!
後、不思議に思ったのが現実に戻った司と昴の事なのですが、何とお互いに「おかえりなさい」といいます、何故違う姿なのにお互いが分かったのでしょうか?それが未だに不思議でなりません。
全てを網羅したわけじゃないので、このアニメのみの評価は「良い」ですね。多分、曽良が助かると分かれば評価も上がったんじゃないかと思いますが。
OPはかっこよくEDは美しい音色に司と昴の絆が暗示された歌詞が素晴らしかったです。

2009/10/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:105(56%) 普通:42(22%) 悪い:42(22%)] / プロバイダ: 7005 ホスト:6982 ブラウザ: 7351
黄昏の腕輪伝説と同じノリで視聴した。
……失敗だった。

【良い点】
世界観が作りこまれている。
オンラインゲームの雰囲気を十分に描けていると思う。
「オンラインの世界に人格だけ取り残されちゃったら、どうなるんだろう?」
というところから作品を作り始めたんだろうな、と思う。
実際、オンゲーにどっぷり嵌るとあんな感じになるので皆様ご注意を。
しかし、オンゲーやったことない人にこの世界観がどこまで理解できるのかは不明。

OPEDは文句なし。
BGMも文句なし。これ以上なし。
声優も文句なし。作画も文句なし

キャラのロールプレイングについては作品内の雰囲気による。
FFXIとかでロールプレイすると確実にドン引きされる(ユーザー年齢層が高いから?)
大航海時代だと、衝撃的レベルでロールプレイしてる人もいる。ヴェネツィアとか。
だからその部分での違和感はないです。

【悪い点】
作品全体が暗くて、見続けるのがちょっと辛かった。

【総合評価】
「とても良い」

2009/10/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:112(56%) 普通:54(27%) 悪い:34(17%)] / プロバイダ: 19811 ホスト:19798 ブラウザ: 9882
オンラインゲームの世界を舞台にうまく書いているとは思うのですが、実際のオンゲーの世界観と比べるとどうしても違和感を感じます。

オンゲーに嵌った経験がある方でしたら分かると思いますが、実際のオンゲーの中にこういう子等がいたらドッピキですね。

自分が経験したオンラインゲームに基づいての感想を言いますと、ゲーム内で知り合った人と攻略等に関する話はする事はありますが、「なりきり」で会話している人には出会ったこと無い。
(中にはいるかもしれませんが、多分ゲーム内で普通の友達できないと思う)

特に「騎士団」の存在など、俗に言う「自治厨」ですね。
当然ゲーム内のマナーについて注意する事は大切だと思いますがそれを組織している時点でどんだけ・・・。
昴(でしたっけ?)もゲーム内では有名っぽかったですが、普通でしたら間違いなく「痛い子ランキング」で有名になってるとしか思えない。

あと、「BBS」について、自分の認識では「BBS」は完璧なる情報掲示板であり、ログアウトした人等がある程度ゲーム世界から切り離してゲームの事を語る場だと思っているのですが、これに登場する人等は「BBS」ですら自分のキャラとしてBBSに関わっているのに違和感を感じました。
まぁ、「何必死になってんだよwwwwって言われるのがオチですね。(それが普通の反応)

2009/10/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 3890 ホスト:3805 ブラウザ: 4531
時代に則した作品ですね、BBSという言葉がまだ新しかったころの作品でしょう
MMOを舞台にしているというのも秀逸で面白いものでした
色々見るに堪えない部分もあって何とも言えないのですが
BGMとして流れている梶浦さんの曲が素晴らしいです
ここまで音楽が常に流れている作品は少ないと思います
シリーズの最初の作品の割にメッセージ性も乏しくてなんだか拍子抜けしました。
完全に及第点ぎりぎりの作品といってもいいかも知れません
もう少しで悪い評価か…
私自身MMOの経験がないのでGM的要素な紅衣の騎士団などの存在もよくわかりませんでした
評価できるのはやはり音楽の影響が大きいです

2009/09/22 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 22379 ホスト:22388 ブラウザ: 10056
メディアミックス、もといコングロマリットの中ではアニメ作品にしか触れてない。
またMMORPG自体も未経験ゆえに設定解釈の摺り合わせが出来ていないことには断りを入れておく。

どうもテンポが悪い。節回しは悪くないけど、定型句をリピートする脚本は少し好きになれない。評価は「悪い」。

≪設定云々≫
ゲームをプレイする行為が孤立的な主体性から脱皮して、集合的で且つ、現実と仮想の双方向性を実現しそれにシフトした00年代の過渡期にあって、本作ではプレーヤーが
ゲームで感じる仮想現実の没入感を理想的な意味で描写した作品ではあったと思う。しかしアニメ化≒視覚化すると、現実と仮想の差異が捉えにくいという欠点が表出してしまった。

ゲームを媒介にしたサイバーパンクとしては詳細な設定の作り込みや言質が与えられておらず、端的に言えば知覚の再現度と、それがどの程度プレーヤーに影響しているかについても判然としない。

問題点を整理してみると、

①プレーヤー全体が等しくキャラの外見を統一されたものとして認識しているのか。(アバターとプレーヤー各人のキャラデザインに差異がない)
②仮想における空間や所在の把握、知覚の概念が一般化されたものであるか。
③仮想∈現実であるはずが、現実∈仮想のスタンスで双方向性の根底が覆されている。
④ストーリーが仮想本位であるにしても現実の描写がおざなりにされている。
⑤キャラの行動(コマンド)制約に利く際限のない自由度…、

といった具合である。

特に②に関してゲームの前提がある以上機器の接続や操作の煩雑さは不可避であるのだが、序盤では少なくとも≪ゴーグル装着≒仮想での自由度の利く行動(コマンド)を実現≫しているように描写された為
現実と仮想の境界線があるようでない、現実でのプレイ環境の有限な空間的制約を受けない、且つ現実での知覚を遮断する(無意識的な睡眠状態)機能が備わっている可能性を見た。

すなわち感覚や意識を委ねる・預けるというものである。確かにゲームをしながら呼吸をし、呼吸をしながらゲームをするという意味ではこの推論自体的を得ていないし、
あらゆる行動に現実と同じく負荷がかかる(ex:満腹感、むせる、死ぬetc)こと自体ナンセンスである。しかしゴーグル装着で集中力を増幅するコンセプトと、疑似的な行動を
現実味のあるものとして『意識』するスタンスは興味深く映った。ただ、話が進むにつれてインターフェースにコントローラーなり、キーボードやPCを採用しているお断りが
散見されてしまったことは演出ミスだと思う。

2009/07/02 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(57%) 普通:0(0%) 悪い:25(43%)] / プロバイダ: 14175 ホスト:14198 ブラウザ: 8617
主人公が無気力なのがあまり好感が持てませんでした。登場人物に感情移入しにくかったです。

2009/06/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(83%) 普通:0(0%) 悪い:1(17%)] / プロバイダ: 19964 ホスト:20238 ブラウザ: 6399
大衆受けする作品ではなく、見る人を選ぶ作品だと思う。
オンラインゲーム上の仮想現実世界内でログアウトすることが出来なくなった主人公の取り巻く環境を描く、
という何とも独特な設定だが、当時オンラインゲームをプレイした事のなかった私でも好んで見る事が出来た。

何より素晴らしかったのが音楽である。
梶浦由記の作る音楽はどこか暗めで、New Age調の透き通ったメロディーが、ヴォーカルのEmily Bindigerとシンクロして素晴らしい曲を作り上げている。
流れる音楽に後押しさえれて、本編に引きこまれていく。

オンラインゲームとはいえ、プレイヤーはコンピューターではなく人間であり、そのためすれ違いや言い争いが起きてしまうのは必然。
そんな困難を乗り越え、プレイヤー同士がゲームという枠を超えて友情を築いていく姿は心を打たれるものであったし、このアニメがきっかけでオンラインゲームに興味を持った人も多いはず。

また、アニメの設定である仮想空間内の、「The World」と呼ばれる仮想ゲームの世界観も通常のゲームでは考えられない、しかし興味を抱かせるような作りになっていて、センスを感じた。

しかし、これらは主人公の心情を理解し、その主人公が仲間に支えられて成長していく姿に感情移入することが出来て初めて感じるものであり、
前半部分の主人公のネガティブな表現を受け入れることが出来ない、またその理由が明らかになっても理解することが出来なければ、つまらない作品という感想になってしまうと思う。

私はゲーム未プレイだが、ゲームをプレイしなくても十分このアニメは楽しむことが出来る。(ゲームの時系列がアニメ後の設定のため)
アニメを楽しむことが出来て、もっと深い知識を付けたい場合に買うといった程度でよい。
ゲーム付属のOVA、「.hack//Liminality」に関しても、本編に完全直結するようなストーリーではないため、見たい人が見ればいいといった程度。

個人的にとても好きな世界観だったが、OVAとゲームをセット売りすることに対してあまりいい印象ではなかったので「とっても良い」にしておく。

ネットワークPRGの元祖といわれるUltima Onlineのサービス開始が1998年、その4年後に作られたアニメではあるが、本当によくオンラインゲームの人間関係を表現している。
今現在見ても、見劣りすることなく、全く通用するストーリー設定である。
インターネットが普及して利用者の低年齢化が進んでいる今だからこそ、オンラインゲームをプレイする若い層にこのアニメを見て貰いたい。

2009/03/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:405(73%) 普通:79(14%) 悪い:69(12%)] / プロバイダ: 28462 ホスト:28454 ブラウザ: 6683
最初に観た時に本作の世界観に興味が沸いてリアルとバーチャルの
2つの世界の中で描かれる複雑な事情を抱えるキャラ達が織り成すストーリーが面白かったし、
また主人公の司がバーチャルの世界からログアウト出来ないという異常事態を初めとして、
バーチャルな世界の中で起こる不可思議な展開は視聴者への引きの巧さも見られて先が読めなかったですね。

でも幾つか気になる所を挙げると司のキャラには少なからず苛々させられて、
またラストも微妙な結末で賛否が出そうだけど、
他のシリーズと比べると本作が一番良かったと思います。

[推薦数:1] 2008/09/16 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(57%) 普通:14(17%) 悪い:21(26%)] / プロバイダ: 18295 ホスト:18546 ブラウザ: 8090
素材を活かしきれなかった作品。ログアウトできない、リアルでの記憶が徐々に薄れていくなど、盛り上がる要素はこれでもかというほどあったのに、主人公の無気力さがそれを完全に殺しています。ログアウトできない? ……別にいいよ。記憶が消えてく? ……だから? これでどう盛り上がれと? また戦闘シーンに迫力や緊張感がなく(どうせ死んでもゲームですから)、物語の展開がひたすらに遅い。せっかく主人公の使い魔にやられると現実のほうにも影響が出るという設定があるのに、それもほとんど活かされてはいませんでした。他にもなぜあれほど多くの人間があんな主人公を気にかけるのかが分かりませんし、ストーリーにも強引な部分がいくつか見受けられました(ラスボスにつかまっているはずの主人公が普通に仲間と合流したり……しかも前回でラスボスにボロボロにされていたはずなのに、その点に関してはノータッチ)。このお話は、無気力な主人公が多くの人と触れ合うことで人間らしさを取り戻していく、というのがきっとテーマなんでしょうが、ストーリーに起伏を与えることを考えれば、もっと能動的な人間を主人公に据えるべきだったと思います。評価は「悪い」です。

2008/09/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 51052 ホスト:51275 ブラウザ: 8090
上の下かな
色彩設計とアクションシーンが少なかったのが気に入らなかったけど、その他有り余るほどのストーリー、BGMが良かった

2008/09/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:240(63%) 普通:38(10%) 悪い:100(26%)] / プロバイダ: 24221 ホスト:24340 ブラウザ: 3491
甲乙が付け難い作品と言った方が良いでしょう。

高校2の頃の夏休み何気なくアニメマックスなどのチャンネルを見て、.hack最新作記念としてこの作品を視聴したことがあり、
途切れ途切れでしたが、面白そうな世界観やBGMやキャラの構成などが好きでこの作品を視聴したいと思いながら今日までにこの作品を視聴し終えたのだが、
.hackのゲームをやらないと何が何だか分かりづらい感じがする。

精神的な面で書かれている作品ではあるが、ストーリ構成がいまいちで、
ストーリー展開が遅く、ようやくストーリーが見えてきたら終盤に差し掛かってきたため唐突ではあった。
一応このアニメに関することは決着はついたのだが、
さらなる謎が増えてしまったまま終わったため視聴した後は首を傾げて「これでいいのか?」という感じで後味が微妙である。

またこの作品は冒険オンラインゲームのためアクションは一応あるのだが、
アクションよりもコミニュケーション重視の作品であったので、
アクションだけで見たいという人はおすすめできない。

評価は「悪い」
あいまいな描写が多くストーリーに関しては悪かった感じはするが、
世界観やBGMに関しては評価しても良いのは確かである。

もっと読む

「これも、何作かシリーズが製作されている、注目株のアニメシリーズの一つのようだけど・・・・・・・・【良...」 by TCC


次のページを読む

この評価板に投稿する



2015/02/03 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 7373 ホスト:7237 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/怖い/勇気貰った 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 今日は名塚佳織さんのお誕生日です by Mr.KN
... 名塚佳織さんのお誕生日だったようですね。 名塚さんは小学生の頃から子役としてミュージカルなどの舞台を中心に活動していて、声優としては1999年に「今、そこにいる僕」のララ・ルゥ役でデビューした後、その翌年には「だぁ!だぁ!だぁ!」の光月未夢役で初主演を果たし、以降は「.hack//SIGN」の昴、 ...
記事日時:2016/04/24
2. 深夜アニメ新番組ちぇっく1 by herba
... 形(便乗?偶然?連携?)。 うたの解釈を説明する所は百人一首にも馴染み無いんでありがたい部分も。 詳しい方には嘘八百とか過剰とか映るかもですが、その辺りのさじ加減って結構難しいのかもしれない。 しかしまぁ、なんだ、この種の男性側の口説き文句には何かクラクラするものが ■ソードアート・オンライン ドットハック(.hack sign )の再来 ...
記事日時:2012/07/22
3. 10年前のアニメ by エスパー
... 。 原作は絵柄が変化しまくることで有名。アニメは………お花畑は赦してやれよ。 東京アンダーグラウンドが死んで、アソボットが生まれた。 ・東京ミュウミュウ 大きなお兄さんのウケを狙った。土曜朝の三大少女漫画アニメの二番手だったっけ? 東京ミュウミュウが死んで、ぴちぴちピッチが生まれた。 ・爆闘宣言ダイガンダー 未見。 ・.hack//SIGN ネトゲアニメ ...
記事日時:2012/04/09
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声